読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

風呂が壊れて工事中

 

実は先週から風呂が壊れていて、人間は銭湯生活をしていた。

今日は朝から夕方まで風呂場の工事だった。

 

朝、業者さんが来てまずこちらから訊いたのは、玄関の出入りが多いかということ。

「はい。かなり。」とお返事。

ならば、猫の脱走に厳戒態勢でいなければならない。

 

こういう状況だと怖がって隠れる猫さんもいるけれど、テラさんは逆なので困る。

風呂が壊れてすぐに、状況を見に業者さんと大家さんが同時に来た。その時は、風呂場にいる二人の足の間から「どれどれ」とでも言うように覗き込もうとした。

今日も工事に参加しそうな勢いだった。

見慣れない作業着姿の人だろうが、誰でもずんずん近寄って行く。

好奇心のかたまり猫である。

 

 

好奇心をスノコの柵二枚で阻止。

 

午前中は柵の隙間からずっと覗き見ていた。

突破しようとすれば出来てしまうので、ずっと監視していなければならなかった。

奥の部屋のケージに閉じ込めてしまえば済むことだけれど、すぐにワーワー騒ぎ出すと思う。見えないところに誰か居て、物音だけ聞こえるのが一番ダメ。柵越しでも見えていれば静かにしている。

 

それが一転、午後の作業はどうでもよくなったのか、普通に昼寝していた。

好奇心<眠気。