読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

猫との暮らしをおさらいする

 

 

ちょうどいい空間見つけた。

 

 

我が家にまもなく新生児がやってくるということで、出産と育児関連の本などを読みつつ、猫の飼育本も改めて読み直していた。

出産育児の本にも、猫の飼育本の方にも、ペットと赤ちゃんの同居については必ず触れられている。いろいろ読んでも、実際に生まれてみないとわからないのだけど。

とりあえず、ベビーベッドとそれにすっぽりかぶせるネット(蚊帳)は準備してみた。

 

 

最近読んだ猫の本 二冊

写真多数でわかり易い。飼育マニュアルとしておさらいするのに良い。

なにか困っていることがあれば、解決法が見つかるかも。

外を出歩く猫を室内飼いにするには、思い切って自宅の引っ越しをするとか。猫のテリトリーが室内にリセットされるから。

 

同じ作者の本。動物行動学者でもある著者が、猫との上手な暮らし方を解説。

猫を飼うなら、ぜひ一章をよく読んでほしいと思った。なぜ室内飼いが良いのか、避妊去勢手術が必要なのかなど、根本的な考え方が冷静に語られている。

また、猫と犬では飼い方がまったく違うということも強調されていた。

 

 

我が家の本棚から

ムツゴロウの猫読本 (文春文庫)

ムツゴロウの猫読本 (文春文庫)

 

ムツゴロウさんならでは、猫以外の動物の話をたくさん交えながら、猫の行動を語る。

娘さんが小学生の頃、ふたりで偶然に動物愛護団体の施設を訪れて、一匹の子猫を連れて帰ったのが猫との本格的な出会いなのだそう。このとき「一匹ほしいな」と言ったのは娘さんではなくムツゴロウさん。

加藤由子さんもそうだけど、猫だけではなく他の動物にも詳しい人の話は勉強になる。

 

そういえば…私が最初に観た映画は「子猫物語」だったな。

 

猫とくらす

猫とくらす

 

飼育本ではないけれど。

猫と暮らす人が投稿した数々のエピソードと写真をまとめたもの。 

猫の数だけ物語がある。笑える話、泣ける話、みじかいおはなしがたくさん。