読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

どこでも寝る子

 

 

玄関の下駄箱の下に半分挟まって寝てた。

よく見るとスリッパを枕にしている。

 

 

 

子どもが生まれるので、心機一転、住まいを引っ越そうかと考えていたのだけれど、

めぼしい物件がない。探し始めたのが4月の新生活シーズンが終わったあとだったので、時期が悪かったのもあるけれど、こんなにも少ないのかと思った。

ペット可の賃貸物件が少ない。可の中でも、犬は良くても猫はダメな場合もある。

猫が飼えるという条件に、立地や好みの間取りやら望んだら、選べるほど数がない。

長野県内では人口の多い所ではあるのに、それでもこんなものなのか…。

 

思えば、東京からこちらへ引っ越すときも物件選びに困った。

実際に松本へ行っての物件探しに一日しか取れず、結局その一日では決められずに、今住んでいる家は事前に一度も足を運ぶことなく決めてしまった。

ペット可の集合住宅なのに、引っ越してみたらなぜかどこのお宅にも犬猫はいなかった。後から知ったのだけれど、うちが入る時に初めてペット可にしたとのことだった。

 

古い物件だとかであまり人気がないと、不動産屋さんが大家さんに、ペット可にして借り手を探すという提案をすることがあるらしい。でも、犬猫を室内で飼うことに違和感を持っている大家さんは少なくないようで、そう簡単に了承を得られるものではない。すでに住まわれている方の了承も要るだろうし、室内が傷む心配もあるだろうし、なかなか大変だと思う。ペット可の物件の需要はあるのに、供給が追いつかない状況みたいだ。

 

今回、少しだけ物件を見て回った。

新しめの一軒家で広さも立地も良かったのだけれど、玄関開けて数歩でそこそこ交通量のある車道、というのが怖くてやめた。誰が来ても出迎えてしまうテラさんが、なにかの拍子で外に飛び出したらと思うと恐ろしい。

もうしばらくは今の家のままでいることにした。