読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

モノクロちびにゃんズ これまでの様子

 

121017c1.png

少し前の姿 右から

サバトラくん♂ 黒白くん♂ 長毛ちゃん♀ サバ白ちゃん♀

 

一時全員で体調崩したものの、今はすっかり元気。

お腹に虫がいたせいで、しばらく体重がほとんど増えない子もいましたが、駆虫薬でころっとよくなり順調に大きくなっています。

寝ている時以外は、元気いっぱい遊んでいます。

再び便検査をして、問題なければ最初のワクチンを予定しています。

 

 

 

これまでの様子

ご注意:汚物と寄生虫の話が出ます。

もし猫を拾うことがあれば参考になるかもしれませんが、不快な内容です。

 

 

預かり初日〜一週間

軽い風邪の状態で保護され一週間入院し、よくなったところを預かる。

全員、見た目では何の異常も見られず。

サバトラくんだけ目ヤニが多少出るとのことで、目薬が出される。

(目薬→硫酸ゲンタマイシン点眼液0.3%)

 

我が家に連れて帰ってまず感じたのは「クサい」ということ。

それだけ気になったものの皆元気で、帰宅直後からケージの中で跳ね回っていた。

 

フードは病院で食べていた物と同じ物を与えた。

ドライフードをお湯でふやかしたもの。

(ロイヤルカナン/ベビーキャット 成長前期の子猫用) 

 

サバトラくん、ウチに来てからは目ヤニは全く見られず、三日で目薬を止める。

 

預かり5日目くらいから、全員お腹が緩めになる。

黒白くんだけ、ややフードの食べっぷりが悪いように感じる。

サバトラくんだけ、くしゃみをしているように感じる。

ただし、全員元気よく遊ぶ。

 

この時点で、体重が増えている子とほとんど増えていない子に分かれていた。

増えている→サバトラくん、サバ白ちゃん

増えていない→ 黒白くん、長毛ちゃん

 

この頃には臭いが消えていた。 

 

7日目、サバ白ちゃんが完全に下痢状態になる。一日に5回以上。

ただし、食べて遊ぶ元気はある。

薬が必要と判断し、翌日に手に入れようとしていた。

 

〜預かり2週間

8日目、全員がほぼ下痢状態になる。ただし、皆で元気よく遊ぶ。

朝、黒白くんがトイレ後におしりを引きずるので持ち上げてみると、肛門から細長いモノがつながったまま出ていた。(はさみで切る)

初めて寄生虫を見たので、何の虫かわからず。

 

すぐに、4匹を保護した方(子猫の保護経験豊富)と連絡を取る。

虫の特徴から、幼猫には珍しい「マンソン」かも知れないということで、とにかく病院で便検査をしてもらうことに。

 

テラさんがお世話になっているいつもの病院へ。

その日は全員の便がそろわず、とりあえず二匹分を見てもらったが、虫卵は見つからなかった。

全員分の便がそろったら、再び検査に持ち込むことになった。

整腸剤と、念のためサバトラくんのくしゃみに点眼点鼻薬が出される。

(整腸剤→ビヒラクチン)

(点眼点鼻薬→インターキャット ※ウイルス増殖抑制)

 

翌日、なかなか全員の便がそろわず、(現場を押さえないと誰のか識別できない)

その日は診療時間に間に合わなかった。

整腸剤のおかげで、三匹は下痢がマシになる。

サバ白ちゃんだけは、回数が減ったものの水分量は変わらず。

あいかわらず、皆で遊び回る元気はある。 

 

その翌日(土曜日)、診療時間の都合上、別の病院へ。

やっと全員の便検査。

黒白くん、「マンソン裂頭条虫」と「回虫」の虫卵が見つかる。しかも大量。

サバ白ちゃん、「回虫」の虫卵が見つかる。

サバトラくんと長毛ちゃんからは何も見つからず。

 

黒白くん、その場でマンソン駆虫薬を投薬。(15:00頃)

この薬で虫は体内で溶けてしまうとのこと。

回虫は全員にいると見て、全員分の駆虫薬を出される。

下痢止めで少し様子を見て、週明けに回虫駆虫薬の投薬を指示される。

(マンソン駆虫薬→ビルトリシド)

(回虫駆虫薬→コンバントリン)

(下痢止め→コロネル細粒)

 

帰宅してゴハンを与えるも、黒白くんだけ食べない。

18:30頃、黒白くんに駆虫薬の効果が出て急変する。

ひどく震えながら、トイレで嘔吐と下痢、同時に肛門から細長いモノ(最初に見たのと同じ)が何本か出る。(はさみで切る)

しばらく震えながらじっとしていたが、二時間くらいで完全に回復してくれた。

(この間、恐怖だった。病院が開いてないので。)

その後、全員で何ごともなかったように遊び回る。

 

(後から先生に訊くと、出たのは回虫らしい。でも調べると見た目が違う気がする。)

 

日曜日

下痢止めで三匹はほぼ正常便になるが、サバ白ちゃんだけはまだ下痢。

サバトラくんのくしゃみは気にならなくなる。 

 

月曜日

予定では全員の回虫駆虫をするところ、黒白くんが急変した件もあり、駆虫に不安があったので、いつもの病院へ相談へ行く。

再び全員の便を持って行くが、なぜかこの日は誰からも虫卵が見つからなかった。

 

先生の指示で、回虫駆虫は、

黒白くんはもう少し日をあけてからにする。

長毛ちゃんは体重が少ないので(当時460g)500g超えるまで待つ。

先に、サバトラくんとサバ白ちゃんのふたりから投薬することになった。

ただし、急変に備えて病院の開いている時間にするようにとのこと。

 

〜預かり3週間

先にふたりの回虫駆虫。投薬しても体調に変化はなかった。

回虫の場合は、駆虫薬を飲むと虫が便に混ざって出てくるらしいが確認できず。

サバ白ちゃんのずっと止まらなかった下痢は、駆虫薬で急に治まった。

 

黒白くん、マンソンの駆虫で苦しんだ後から好転して、食欲と体重が急に増え始めた。

ただし、まだ回虫がいるはず。

 

再び全員の便検査。

黒白くんに回虫卵が見つかる。

誰ともなくまだくしゃみをしているようなので(ただし目ヤニ鼻水は見られない。単にホコリなどの刺激のせいかも。)

念のため全員に点眼点鼻薬(インターキャット)が出る。一週間続ける。

この日、黒白くん、長毛ちゃんふたりにも回虫駆虫薬を投薬。やはり体調に変化無し。

同じくふたりからも虫は確認できなかった。 

 

駆虫薬後〜現在

その後、全員落ち着いている。もう一週間以上何の薬も使っていない。

駆虫前と明らかに体重の増え方が違い、急激に増えている。

 

近いうちにまたまた便検査に行く予定。

回虫は一回の駆虫では効かないと聞いているので、まだ戦いは続くかもしれない。

 

最初から虫がいるとは思えないくらい元気に跳ね回る4匹。

ケージの中で遊んでいるときは、スーパーボールが4つ跳ねているような感じ。

 

 

 

それにしても。

この兄弟、経験豊富な保護主さん曰く、どうやら何かと珍しいパターンのようです。

すみません、また寄生虫の話になってしまうのですが…

 

(続く…)