読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

股好き

 

12100801.png

 

股の間に潜む、股好きな猫。

ただし、ほぼウチの夫の股だ。

 

めっきり早朝は肌寒くなった。

朝、テラさんはひとりで寝ていた所からおもむろにヒトのベッドに移動してくる。

掛け布団の上から夫の股を探り当て、そこで寝始める。いいベッド見つけた、という感じで、すっぽりハマっている。

ちなみに、そこに行き着く前にアルジの身体の上を通り過ぎている。