読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

痛い!家の中にある危険

日常風景 猫の話

 

今日、テラさんのしっぽをドアに挟んでしまった。(ケガはしていません)

ドアノブ側でなく、固定されている側の隙間にしっぽが入り込んでいるのを気づかず、閉めようとしてしまった。テラさん、大絶叫。申し訳ありませんでした。

 

12072401.png

 

本当に痛い時の声は、普段の鳴き声とは全く別の叫び声、というか声にもならない音だ。「ア゛ーー!!!!!」(大音量)

この叫び音を出させてしまった今までの事例。(いずれもケガには至らず)

 

足を踏まれて

少し踏んだだけなら、小さく「ギャッ」くらいだけれど、思いっきり体重を乗せた踏み方をしてしまったとき。一度、夫はこれをやって、叫び音がテラさんから発せられていると一瞬では気づかずに、数秒踏み続けるという有様。それほど別物の声なのだ。

一方、人の方は、不意にすり寄って来た猫を踏みそうになり、避けようとして足がもつれて転倒する危険もある。(私は何度かありました…)

 

ドアに挟まれて

今日もそうだが、出入りするドアノブ側ではなく、反対側や下の隙間が危ない。より強い力が加わる部分で危険だ。我が家では、玄関の外に出そうになったテラさんを見て慌てて閉めようとして、ドアと床のドア枠との隙間に挟んだことがある。

人がうっかりなら、猫の叫び声で手を止めるが、風の力で閉まる可能性もあるので、ドアを開け放つ場合はドアストッパーを使う。これは閉じ込め防止にもなる。

何気ないことだけれど、骨折など大ケガになりうる。

 

腕だけで宙づり

仔猫の頃、スチールパイプの椅子に、どういうわけか腕を挟んでひねった状態で宙づりになった。夫が助けようと手を出すも、暴れてもがくテラさんの爪にやられて流血。

これは思いもよらないところで起こるので怖い。

 

 

その他、家の中で考えられる危険

やけど(ストーブ、コンロ、キャンドルなど)

水の事故(浴槽、洗濯機など)

薬品(洗剤、殺虫剤など)

感電(コンセント、断線したコードなど)

植物(猫に有害な植物がある。過去の記事を参照ください。)

 

自宅の状況により、他にもいろいろ考えられると思う。