読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

猫ベッドが要るわけ

 

12061801.png

 

冬は極寒の北向き出窓、今は快適である。大あくびも出る。

 

 

暑くなると、テラさんの寝姿が長くなる。

最近は腕と脚を伸ばして寝ている。手の先から足の先までを測ってみた。93cmあった。夏の間は、この93cmが部屋のどこともなく横たわる。ヒトの通り道だろうと気にしない。

そんな感じなので、去年は、夏の猫ベッドは要らないんじゃないかと買わなかった。

ところが、ある夜、ヒトの股が猫ベッドになった。

昨日も書いたが、「すきま」で寝たがる。タオルケットを掛けた脚の間にハマって寝るようになった。なぜかアルジ夫の股ばかりが選ばれる。寝返りが打てないと嘆いていた。

 

今年は今のところ、夜は自分のベッドで寝てくれている。

夫の股が猫ベッドより快適じゃありませんように。