読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TERAなできごと。

うちの猫 テラのこと、その使用人のひとりごと。

猫に有害な植物

猫の話

12060501.jpg

 

一昨日トマトの記事を書いたが、トマトの茎と葉は猫に有害な植物の一つだった。(その旨、追記済み)

 

猫に有害な植物はたくさんある。「猫を飼うなら植物を置くな」と言われてしまうくらいある。

我が家にも観葉植物があるので注意している。今は主にベランダに置いているが(ベランダは猫立ち入り禁止)、室内に置くなら十分調べる。置き方に注意する。

 

上の写真の植物はテラさんを迎える前からあるもので、仔猫のうちはイタズラの対象になった。最初は小さい身体をのばして鉢のふちに手を掛け、食べはしないが葉をかじるので台に乗せた。写真の通り、身体が大きくなっては台の意味無し。鉢の縁に両面テープを貼って、べたべたイヤだー作戦で何とか防いだ。今はもう興味がないようだ。

ちなみにこの植物は「サンスベリア」。調べたところ、比較的安全な観葉植物のようだ。それでもかじらないにこしたことはない。

 

少しかじっただけでも中毒を引き起こす危険な植物もある。

 

特に危険な植物 命の危険あり。家に持ち込まない。

ユリ科の植物 全ての部分が危険。花粉、生けた水も。

ツツジ科の植物

その他、身近な植物

 

 観葉植物で危険なもの アイビーの他はすべてサトイモ科

  • アイビー(別名:ヘデラ、きづた)
  • フィロデンドロン(別名:ヒトデカズラ)
  • ディフェンバキア(別名:シロガスリソウ)
  • ラジウム
  • スパティフィラム
  • ポトス

 

特に危険な野菜 加熱しても出汁を取ってもダメ

ネギ科の野菜(ネギ、たまねぎ、にら、にんにく)

 

熟した実は無害だが、芽・茎・葉が危険な野菜  家庭菜園で注意

じゃがいも、トマト、ナス

 

これらはほんの一部だ。

 

《参考資料》

アパートマンションでの猫の飼い方育て方/主婦と生活社

元気な子猫の育て方  アイムス/ P&G 小冊子

 

猫とネコとふたつの本棚 猫にとって危険な植物

↑  猫の里親募集サイトです http://www.nekohon.jp/

 猫とのくらし・同居の工夫  のページが参考になります。